B型肝炎ウイルスが発見されたのは1964年のことです。現在ではインターフェロン製剤や核酸アナログ製剤を用いることによってウイルスが増殖してしまうのを抑えることができます。これによって肝疾患が進展してしまうのを防げるのです。

母子感染日本では集団感染が問題視されました。感染経路としては水平感染と垂直感染があり、日本では母子感染したというケースがたくさんあり、問題視されているのです。日本には感染者が100万人以上いるとされています。多くは高齢者となっているのですが、最近は性的接触によって若年者が感染するケースも見られます。

B型肝炎には一過性感染と持続感染があります。多くは一過性感染となっており、すぐにウイルスが排除されるため、慢性化することはありません。ただし、急性肝炎を発症してしまうケースもあります。また、近年では欧米型のウイルスが増加しており、危険性をましています。持続感染というのはキャリアとなってしまうことであり、ウイルスを排除しようとすると同時に肝臓の細胞も壊してしまうのです。そのため、肝炎を発症してしまいます。多くのケースで症状は軽いのですが、中には慢性肝炎に移行してしまい肝硬変や肝がんになってしまう方もいます

B型肝炎については急性のものは特別な治療法がないため自然治癒を待つことになります。慢性の方については薬物療法によって長期の生存を向上させられます。