給付金を請求できる

病院1

日本ではB型肝炎が国の不手際によって起きてしまったため、給付金を支給するための法律が制定されています。

ある期間内に集団感染によってB型肝炎になってしまったことを証明することができれば、給付金を受けることができるのです。

給付金をもらうための方法というのは国に訴訟を起こして、その和解として国から子宮筋を受け取るという流れとなっています。そのため、自分で資料を集めて裁判を起こさなければいけません。また、給付金の請求ができるのは法律の定める期限までとなっています。

そのため、集団感染によってB型肝炎になった方や母子感染した方、あるいは遺族の方などは早めに請求をしておくべきでしょう。

実際に訴訟をするためには専門的な知識が必要となり、時間もお金もかかってしまいます。

そのため、弁護士を雇うという方がたくさんいます。国の方でも弁護士費用を一部負担するという措置を用意しているため、安心して給付金の請求ができるようになっているのです。数百万円から高い場合は3千万円近くの給付金を受け取ることが可能です。

B型肝炎に苦しんでいる患者はたくさんいて、給付金を受け取れる対象となっている方は大勢いるのです。そのため、自分が対象者となっていないのか調べておきましょう。

関連記事:ウイルスの特徴

参考リンク『B型肝炎弁護士』:https://www.adire-bkan.jp/